Top > 新選組の誕生

新選組の誕生

有名な話ですが、元は清河八郎が画策した浪士隊です。

浪士を集め、尊皇攘夷派として私軍にしてしまおうと。

京でこのことに異を唱え、分離したのが始まりです。

 

壬生浪士組、水戸派は精忠浪士組とも名乗りました。

このときの局長筆頭は芹沢鴨です。

近藤勇は百姓の出自のせいか、権威に弱いです。

水戸の天狗党からはぐれたとはいえ、芹沢はれっきとした武士ですから。

 

近藤のこの傾向は、新選組になってからも変わりません。

甲州流軍学の武田観流斎、槍術の谷三十郎などを重用しました。

また後に裏切る、伊藤甲子太郎にしてもそうです。

剣の腕はたつが、家柄や権威にはめっぽう弱かったようです。

 

その点で、土方は違いました。

わが道というか、とるべき選択を持っていました。

この2人がいたからこそ、最強集団になったのかもしれません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

新選組の誕生

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://mikandou.readymade.jp/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする
関連エントリー
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
カテゴリー
サイトナビ
リンク
更新履歴
吉村貫一郎(2010年5月14日)
新選組の誕生(2010年5月12日)
新選組の誕生(2010年5月12日)
坂本龍馬フィーバー(2010年5月12日)
新選組血風録の保存(2010年5月11日)
斉藤一(2010年5月 8日)
沖田総司(2010年5月 7日)
山南敬介(2010年5月 6日)
新選組血風録(2010年5月 5日)
実録新選組(2010年4月30日)
  • Powerd by 似顔絵イラストメーカー