Top > 新選組

新選組

新選組一覧

吉村貫一郎

吉村貫一郎、以前にも書いたかもしれません。 南部藩出身の、北辰一刀流の使い手です。 貧しい暮らしだったため、脱藩して入隊しました。   週刊江戸で、今週は南部藩を特集していたので。 南部武士は、武士の鑑とも言われています。 幕末の奥羽列藩同盟では、最期まで戦い抜きました。   維

吉村貫一郎の続きを読む>

土方歳三の一面

土方歳三には意外な一面がありました。 鬼の副長と呼ばれる反面、歌を好んでよみました。 俳号を名乗り、書きとめていたといわれています。   日野にある土方歳三史料館には、句集があったと思います。 日本刀や鎖帷子にまじって、句集というのも不思議な感じです。   もっとも、鬼の副長にな

土方歳三の一面の続きを読む>

近藤勇の刀

近藤勇の刀といえば、会津虎徹。 今宵の虎徹はよく斬れる、有名な台詞です。 池田屋のあとも、自分の刀は虎徹だから刃こぼれしなかったと手紙に書いています。   ただ、近藤の刀は実際に残っていません。 一説によれば、大和守だったという話もあります。 近藤が虎徹を探していた、憧れていたのは事実のよ

近藤勇の刀の続きを読む>

菜っ葉隊

菜っ葉隊、八王子千人同心で組織された軍です。 元々多摩あたりは、甲斐武田の流れを組む半農の武士が多かったそうです。 幕府の天領でもあったため、いざとなれば西の守りの要でした。 菜っ葉隊も、幕末の流れで結成されました。   甲陽鎮撫隊として、新選組は甲府に出撃しました。 結果は、惨敗でした。

菜っ葉隊の続きを読む>

西本願寺

壬生が手狭になって、新選組は屯所を西本願寺にうつしました。 これには、賛否両論あったようです。 ただ西本願寺が長州寄りということもあって、強行されたようです。   西本願寺全体を屯所としたわけではなく、やはり居候でした。 とうぜん僧侶もいたわけです。 殺生を禁じる仏教と新選組、妙なとりあわ

西本願寺の続きを読む>

総長

新選組総長、山南敬介。 最期は、脱走の罪で切腹とされています。 切腹については、おそらく事実でしょう。   この総長、池田屋に参加していません。 屯所の留守居役だった説、病気だった説、諸説あります。 定かではありません。   水戸派との確執に決着がついたころから、山南が変わったと

総長の続きを読む>

松原忠司

柔術師範、播磨の出自だそうです。 京都での第一次の募集あたりからの参加です。   時期・出身から、勘定方の河合と親しかったとしばしば描かれます。 真偽は不明ですが、ありそうな話だなとは思います。   実直な男だったようですが、死に方は灰色です。 自らが斬った志士の奥さんに惚れて、

松原忠司の続きを読む>

屯所

新選組の屯所は、何度か変わっています。   最初は、壬生寺や新徳寺の近くの八木邸。 手狭になると、向かいの前川邸。   隊が大きくなると、本願寺に屯所を移します。 これには賛否両論あったようです。 長州寄りの本願寺を牽制する意味もあったようです。   最後は不動堂村でし

屯所の続きを読む>

燃えよ剣

また始まりました。 時代劇専門チャンネルです。   初回は、江戸をたつ前の話です。 土方が姉に金を無心して、和泉守兼定を手に入れます。 このような話は、珍しいです。 刀の銘は有名ですが、どこで入手したかはあまり語られません。   また、刀商でなく古道具屋で見つけたことになっていま

燃えよ剣の続きを読む>

試衛館

試衛館のあった場所、現在の市ヶ谷柳町あたりです。 大江戸線の駅から近いと思います。 交差点から一本入ったところ。 跡地という立て札があるだけです。   車で通ると思うのですが、ここから甲州街道まではすぐです。 ただ、日野まで真っ直ぐ歩いたと言うのは驚きです。 当時は当たり前なのでしょうが。

試衛館の続きを読む>

永倉新八

永倉新八は、試衛館時代からの同志です。 剣の旅修行をしたとも言われています。 神道無念流の使い手でした。 数少ない、新選組の生き残りです。   二番隊長でしたが、剣の腕では沖田にもひけをとらなかったとか。 池田屋では、負傷しながらも活躍しました。   勝沼の戦いのあと、近藤たちと

永倉新八の続きを読む>

原田左之助

原田左之助、十番隊組長。 伊予松山脱藩、槍は種田流です。   豪放磊落な性格で、ムードメーカーでした。 勢いで切腹して、お腹に傷があったそうです。   この人で有名なのは、龍馬暗殺の一件。 賊が「こなくそ!」と言ったため、新選組暗殺説がうかびました。 この言葉は、松山の方言だった

原田左之助の続きを読む>

伊東甲子太郎

伊東甲子太郎、新選組参謀。 後に御陵衛士として分離、高台寺党ともよばれ暗殺されました。   元の名は、鈴木大蔵といいます。 江戸深川の佐賀にある伊東道場に入門し、養子になりました。 伊東大蔵となり、後に改名しました。 新選組にいた鈴木三木三郎は実弟にあたります。   剣の流派は、

伊東甲子太郎の続きを読む>

燃えよ剣

昨日、ケーブルテレビの番組表6月分が届きました。 今やっている新選組血風録の枠の終了後は、燃えよ剣でした。 時代劇ドラマの栗塚版土方3部作では、唯一のカラーです。   この3部作、製作チームが一緒です。 キャスティングも、結構かぶってます。 また、シリーズによって別の役をやる役者さんもいま

燃えよ剣の続きを読む>

隊士と刀

ドラマや映画では、新選組の隊士の刀は二本差しです。 池田屋以降は幕臣=武士ですから、問題はありませんが。   週刊江戸の刀のコラムで、二本差しの帯刀は武士のみとありました。 元はほとんどの隊士は脱藩浪人です。 なので、本来なら一本差しなのかとも思います。   もっとも、身分制度は

隊士と刀の続きを読む>

新選組屯所 八木邸

八木邸は、もともと浪士組の屯所でした。 正確には、江戸から来た水戸派と試衛館派の仮宿です。 清河派との分離後、そのまま居ついてしまいました。 向かいの前川邸とともに、本願寺に移るまで屯所でした。   現在は、八木邸は史料として公開され甘味処もあります。 前川邸も一部が資料館となり、おみやげ

新選組屯所 八木邸の続きを読む>

山崎丞異説

山崎丞について書きました。 新選組血風録で、山崎がクローズアップされた回がありました。 以前見たはずなのに、あるいは見落としかもしれません。   これによると、剣は神心明智流、棒術も流派があったようです。 大阪の出身で、父は林五郎左衛門という鍼灸師。 元は武家で、赤穂浪士から脱退したとのこ

山崎丞異説の続きを読む>

吉村貫一郎

吉村貫一郎は後期の入隊ながら、剣術師範でした。 役職は監察です。   南部藩の脱藩浪人です。 脱藩する前は、剣や学問を子供に教えていたそうです。 貧しさに耐えかね、脱藩したと言われています。 新選組の手当ても、国元に送金していたそうです。   剣は、北辰一刀流。 かなりの使い手だ

吉村貫一郎の続きを読む>

新選組の誕生

有名な話ですが、元は清河八郎が画策した浪士隊です。 浪士を集め、尊皇攘夷派として私軍にしてしまおうと。 京でこのことに異を唱え、分離したのが始まりです。   壬生浪士組、水戸派は精忠浪士組とも名乗りました。 このときの局長筆頭は芹沢鴨です。 近藤勇は百姓の出自のせいか、権威に弱いです。 水

新選組の誕生の続きを読む>

新選組血風録の保存

新選組血風録をDVDに保存しています。 3話たまったら、1枚に落とします。 そうすると、ついつい見てしまいます。   新選組血風録の特徴は、平隊士に目が向けられていること。 新選組というと、どうしても副長助勤以上にスポットがあたりがち。 平隊士の日常というか、悲哀なども描かれています。 &

新選組血風録の保存の続きを読む>

斉藤一

新選組の中でも、謎の多い人です。 新選組は浪人が多いので、謎はあたりまえですが。 合流したのは京ですが、それまでのいきさつが分かりずらいです。   剣の流派は一刀流とも我流ともいわれています。 左利きだというのは、本当のようです。 三番隊長だったので、強かったことは間違えないでしょう。 &

斉藤一の続きを読む>

沖田総司

沖田総司というと、月代が特徴の好青年。 このようなイメージがあります。 実際には、ひらめ顔だったという説もありますが。   京では、子供とよく遊んでいたといわれています。 剣の達人のイメージとは、やや異なります。 もっとも京に行った頃、まだ10代か20歳くらいだったはず。 近所の面倒見のい

沖田総司の続きを読む>

山南敬介

初期の新選組の総長です。 総長という役職自体、よくわかりませんが。 一説には、副長土方が閑職につけたともいわれています。   山南の存在というのは、近藤勇の人生を変えたともいえそうです。 名門お玉ヶ池の剣客、学問もある。 近藤を虎尾の会を接触させたことが、浪士組参加のきっかけです。 &nb

山南敬介の続きを読む>

新選組血風録

新選組血風録が始まりました。 時代劇専門チャンネルです。 まだ白黒のテレビドラマシリーズです。   テレビドラマの人気作品だったようです。 脚色がちょっと強い印象があります。   第一回は、近藤勇と虎徹のエピソードです。 近藤は江戸を発つ前、刀を買ったという脚本です。 その時、虎

新選組血風録の続きを読む>

実録新選組

新選組関連の映画や映像はたくさんあります。 有名なところでは、司馬遼太郎もの。 ただ、思いっきりB級もあります。   実録新選組、楽天で見つけました。 Vシネマ系みたいです。 レンタル仕様のようで、2枚で1500円くらいでした。 寺島進さんが土方役だったので、思わず買ってしまいました。 &

実録新選組の続きを読む>

井上源三郎資料館

井上源三郎、源さんですね。 近藤勇が入門する以前からのお弟子さんです。 兄弟子にあたります。   土方歳三や佐藤彦五郎などの資料館は有名です。 井上源三郎の資料館は、あまり知られていません。   日野本陣と甲州街道をはさんで反対側にあります。 ちょっと奥まっていて、分かりにくいで

井上源三郎資料館の続きを読む>

山崎丞

監察の山崎丞。 これほど謎に満ちた人はいません。   出身は大坂で、針灸医の一族といわれています。 変装の名人で、たびたび貴重な情報をもたらします。 いわゆる間者としてではなく、張り込みでというのがまた謎です。 もしかしたら、つくり話?とも思えるのですが。 同じ監察の島田魁が明治まで存命だ

山崎丞の続きを読む>

新選組の羽織

新選組の羽織といえば、おなじみのダンダラ模様。 近藤勇が忠臣蔵が好きだったからとも言われています。 大阪の呉服屋で仕立てたそうですが、代金は? まだ芹沢一派がいた頃なので、借りたままだったのでしょうか。   羽織の色は、正式には浅葱色と言います。 実は、京都では田舎くさい色です。 なぜこの

新選組の羽織の続きを読む>

試衛館のあった場所

試衛館は、現在の市ヶ谷柳町にありました。 大久保通りと外苑西通り(東だったかな?)の交差点のそば。 一本中に入った所に、小さな歴史看板の案内があります。 跡地は、現在は半分空き地だったと思います。 少なくとも、僕が見たときは。   ここは、浪士組出発の地となる伝通院と意外に近いです。 小石

試衛館のあった場所の続きを読む>

多摩というところ

多摩は、江戸時代天領でした。 幕府の直轄地です。 八王子千人同心の名で知られるように、半農半士のような臨時軍です。 甲斐武田の流れを組む人もいたようです。 みんな家来なので、いざとなれば西に備える空気があったのでしょうか。 なので、名主たちはこぞって武芸を学んだと言います。   天然理心流

多摩というところの続きを読む>

謎多き男

斉藤一です。 剣の流派もあまり知られていません。 出自も定かではなく、謎の多い男です。   新選組への合流も、京都から。 江戸で試衛館にいたとも伝えられていますが。 江戸から逃れて、京都で合流というのもできすぎな話です。   御陵衛士の一件では、間者になったとも言われています。

謎多き男の続きを読む>

今宵の虎徹は

近藤勇の愛刀は会津虎徹だったと言われています。 最終的には旗本、しかも若年寄までなったので本当なのでしょう。 会津様からもらっていても、不思議ではありません。   今宵の虎徹は・・・有名な台詞です。 でもこの頃、虎徹を持っていたかといえば???です。 貧乏町道場の若先生あがりの浪人者ですし

今宵の虎徹はの続きを読む>

新選組血風録

5月から時代劇専門チャンネルで、新選組血風録が放送されます。 主演は、栗塚旭さん、もちろん土方役。 白黒ですが、以前特集で見てはまりました。   燃えよ剣などと、一連のシリーズです。 司馬遼太郎ですね。 製作チームが同じなので、キャストも似てます。 沖田役の島田さん、斉藤役の左右田さん、い

新選組血風録の続きを読む>

土方歳三最期の一日

昨日、久しぶりに見ました。 DVDを持っているので。 最初の台詞「待たせたな!」 新選組!の池田屋での台詞と同じなんです。 相当コアな人にしか、わからない話題です。   内容は、降伏を決意した榎本武揚を土方が翻意させ、最期の戦いに挑むというもの。 歴史通りなのか、謎につつまれているところで

土方歳三最期の一日の続きを読む>

龍馬伝

勝海舟と坂本龍馬の出会いまできました。   今回の大河ドラマに、新選組は登場するのでしょうか。 舞台が京に移れば、当たり前に登場しそうなものですが。 ただ今回は、薩長土側が主役です。 なので、登場しても悪者かも・・・   龍馬伝の武市半平太に比べれば、新選組のほうが筋が通ってる気

龍馬伝の続きを読む>

新選組祭り

新選組祭りというのが、日野市でこの時期行われます。   近藤勇の命日が4月25日だったと記憶していますが。 それにあわせて、ゴールデンウィーク前後に開催されます。   日野市の観光イベントでもありますが、盛大です。 仮装パレードなんかもあります。 隊士は、抽選らしいです。 大河ド

新選組祭りの続きを読む>

ブログタイトルの字

新選組か新撰組か。 どちらも、映画や本の題名に使われてます。 グーグル検索でも、両方出ます。 どちらが正解??? どちらも、です。   昔は、音さえあっていれば漢字を「あてた」そうです。 その意味では、どちらも正解と言うわけです。   元は、壬生浪士組と名乗っていました。 京都守

ブログタイトルの字の続きを読む>

カテゴリー
サイトナビ
リンク
更新履歴
吉村貫一郎(2010年9月15日)
土方歳三の一面(2010年9月11日)
近藤勇の刀(2010年9月11日)
菜っ葉隊(2010年8月18日)
西本願寺(2010年6月29日)
総長(2010年6月26日)
松原忠司(2010年6月14日)
屯所(2010年6月11日)
燃えよ剣(2010年6月10日)
試衛館(2010年6月 2日)
  • Powerd by 似顔絵イラストメーカー